本文へ移動

社長ブログ

第221 1月もとてもお世話になりました。

2024-01-31
カテゴリ:広報宣伝
注目重要
今年は大変な事が続くスタートの月でした。
国内生産は1%台突入です。
国内生産は1%台に突入しました。
  皆々様のお陰で頑張っている奈良県の小さな靴下工場、有限会社 巽繊維工業所の代表の巽(たつみ)です。

 「靴下の世界を変える。靴下で世界を変える。」を私たちのミッション(使命)と考えて本気で全力で日々頑張って新しい挑戦を続けています。
 皆様の応援や声援をこれからもどうかよろしくお願いいたします。

 また、私どものブログを今日も拝見いただき、本当にありがとうございます。心より感謝を申し上げます。

  ある読者の方から『連絡先を教えて。』との要望がありました。
 私のブログにご意見が有りましたら、右記メールアドレスまでお願いします。   info@choku.co.jp


  2024年の元日に能登半島地方を襲った大地震で被災された多くの皆さまに心よりお悔みとお見舞いを申し上げます。
 当社も大変微力ながら、企業として被災された多くの皆さまに少しでもお役に立たせて頂けるように活動を開始しています。


  そして、今日のブログは、今月1月は2024年零和6年のスタートの月で、皆さまご存知の能登半島を襲った大地震でのスタートでした。

 通常なら、凍えるような寒さがある月ですが、当地奈良県でも朝の氷も張らず車のフロントガラスが凍結する事も殆んど有りません。そして、食品スーパーに行けば、異常に太い大根や大きな白菜が大量販売されており、明らかな暖冬や地球温暖化が加速していると感じています。


 靴下業界も原材料・人件費・物流費・電気代等、製造する全てのコストが大幅に高騰するも出荷価格に転嫁させてくれない納入先も多いと聞いています。何もかもが異常な状況に追い込まれています。

 そして、当社も長年製造を続けてきた音楽コンサートのリストバンドやタレントグッズの生産や企画を断る事なりました。それ以外にも私学向けのスクールソックス等のOEM生産が継続できなくなり、新旧多くの得意先からのOEM生産の依頼を断りました。

 長年、モミ手に作り笑いをして必死になって集め続けたOEM生産の注文を自分から断る時代が到来するとは一度も想像もしたことが有りませんでした。


 状況は、靴下業界が所属するアパレル業界全体にも表れており、コロナ禍に突入した2020年にあのレナウンまで破産しました。一時は世界最大のアパレル企業の地位を独占したこともあり、当社も孫請け企業として一時期OEM生産をしていたことも有りました。次は何処のアパレル企業かと嫌な噂が流れています。


 アパレル業界の国内生産比率は、1%~1.5%と言われています。店頭で販売される衣料品の99%は海外生産品ということです。本当の異常事態です。


 それでも、国内製造業者として行動力と創意工夫で生き残って、次の時代の100年もお客様から一番に選ばれる企業に成るべく頑張って行きます。

 これからも、多くの皆さまの応援をよろしくお願いいたします。
有限会社 巽繊維工業所
〒634-0844
奈良県橿原市土橋町607番地
TEL.0744-22-5229
FAX.0744-25-2822
・靴下製造販売
 


大和三山に囲まれたのどかな場所でお仕事させていただいております。
TOPへ戻る