国産靴下
本文へ移動

ガッツマンについて

GUTS-MANの誕生秘話
 GUTS-MAN(ガッツマン)は自衛隊隊員様の演習、行軍向けに特別に開発された「頑強なのに快適。」、改良や進化を続けているため「完成することのない。」、「自衛隊隊員様には知らない人はいない。」長年に渡り培ってきた製造技術を注ぎ込んで製造される日本製の靴下ブランドです。
 タイプにもよりますが、頑丈でやぶれにくく、抗菌、防臭、吸汗、速乾等の靴下に必要とされる機能において優れるオーバースペックなスーパーソックス群です。


 GUTS-MANの誕生は、平成7年1月17日に遡ります。その日の早朝に阪神淡路大震災が起きました。そして、現地に通じる道路が復旧するのを待って、自社便の荷台に支援物資とスペアタイヤを積み込み、知人宅や複数の得意先に急いで向かいました。数日前に年始の挨拶に訪れた企業の前には高速道路が横倒しになり、架橋が途中何か所か崩落し通行止めと渋滞に迂回を繰り返し何とか辿り着きました。
 
 整然と綺麗だった市街地は、一般道の中央部分だけがかろうじてアスファルトが見える状態で、その周囲は焦臭く焼失した建物や山積みの瓦礫、異様な雰囲気と人の気配が無く寒風に包まれていました。その異常な情景の中、避難場所のお風呂の設営や黙々と瓦礫の撤去を続ける自衛隊隊員様の他人のための献身的な活動や被災者を元気付ける笑顔の迷彩服の自衛隊隊員を目撃しました。

 そして、同じ場所に確かに存在するのに自分の無力さと無能さに衝撃的な恥ずかしさを生れて始めて感受しました。と同時に献身的な自衛隊隊員様に自分の出来ることで何とか報いたいと無性に考えるに至りました。自分に出来ることとは、靴下を作る事しかなく、そのために何から手を付けたら良いか悶々と悩みました。

 最寄りの八尾駐屯地や奈良基地の代表番号に電話をしましたが、窓口で丁寧にお断りをされ、自衛隊隊員様との接触方法が思いつかず一度は完全に諦めました。
 しかし、忘れかけていた2年後の夏近くに自作のホームページを見たとある方から一本の電話が入りました。『穴の開かない頑丈なソックスを作ってないか?』との内容に戸惑いながらもご職業を尋ねると現役の自衛隊隊員様からでした。

 2年前の情景・気持ち・臭いまでが次々と昨日のことのように思い出され、何としてもお役に立たせて頂こうと当時開発実績のあった警察機動隊員用靴下、消防署員用靴下、プロアスリート用靴下、オリンピック出場のゴールドメダリストに提供した靴下まで、ご要望のカラーのOD(オリーブドラブ)色にて試作品を次々に作成し、試着をして頂きました。

 しかし、どの製品も全く満足いただけませんでした。とても悔しく、再度使用素材の見直しと厳選をし、靴下には通常使用しない補強糸を独自開発し編立機械も大幅に改造し、強度の限界に挑戦しました。これ以上はもう無理と考える製品を試着していただき『これなら!』とやっと満足いただけました。

 そのスタート時には、GUTS-MANのネーミングすら無く、単なる日本製の頑強な靴下として、全国の駐屯地内の売店での販売や関西~四国~九州~北陸の駐屯地を直接訪問しての展示即売会を地道に続けました。隊員様からの要望や試着アンケートを積み上げ『名前は無いのか。』『今度雪山訓練に行く。』『ランニング・酷暑・湿地・』と延べ200余名の実地訓練での試着を繰り返してきました。

 そして、奈良県産業振興総合センターの辻坂敏之博士の研究成果や信州大学繊維学部松本陽一博士、西松豊典博士との共同研究の結果を盛り込み、そのプロトタイプに始めて「GUTS-MAN」の商標を付けました。

 自衛隊隊員様が他人のために献身的に黙々と任務を続ける様を『ガッツがある人』=『GUTS-MAN』と命名しました。和製英語でもあり、将来の海外展開も視野に入れていました。現在、欧州・米国・ソ連等への海外商標も取得済みで、越境ECの試行錯誤やフランスのパリでの常設販売を続けています。奈良県からも『海外展開リーディングカンパニー』に令和元年度に選出されました。

 『頑強なのに快適。』な靴下として、平成16年~平成17年にかけてアイテム展開を開始、増殖を続け、衝撃を受けた片想いから10年が経過していました。改良と進化を続ける『完成することのない。』、『自衛隊隊員には知らない人はいない。』ちょっと変わった日本製の靴下ブランドがあちこちに頭をぶつけながらヨチヨチと歩き始めました。

 



 もちろんGUTS-MANは、自衛隊様以外のお客様、特にスポーツやウォーキングをされるお客様にもお使いいただけます。
ガッツマンの魅力を発信するページが完成いたしました。
是非ご覧くださいませ。
https://choku.co.jp/files/libs/896/201712061419595885.png
 極限の過酷な環境下でも任務を遂行する自衛隊隊員様を足元から支え、愛用されるハイスペックsocks=GUTS-MAN(ガッツマン)。

GUTS-MANは、奈良県工業技術センター(現:奈良県産業振興総合センター)辻坂敏之博士、信州大学繊維学部繊維システム工学科松本教授の監修のもと、当社の長年培ってきた技術を総動員し、産官学連携して「歩く」を科学し企画開発した高機能ソックスです。

 SOCKSに求められる基本性能の「頑強な丈夫さ」と相反する「履き心地」「足の快適性」を絶妙のバランスで多くの好評価を頂いております。
 自衛隊隊員様の半長靴、一般市場の登山用のブーツ、バイク用ブーツ、長靴での水仕事や漁師、力仕事のガテン系の皆様まで、ご愛用者が日々広がっており、1人でも多くの皆様の期待を超えるべく、現在も改良を続けており、最新のGUTS-MAN(ガッツマン)が最高のGUTS-MAN(ガッツマン)です。

最新の商品

PR-02 ガッツマンパイルレンジャーソックス

こちらは以前PR-01として販売されていたものの、改良版です。
足元全体に、銀イオンが抗菌防臭効果を半永久的に持続させる糸ミューファンを使用し、極圧パイルでしっかり足元を守る、細部にまで拘りぬいた製品です。
自衛隊員さんの100km行軍や、ウォーキングや登山にと販売開始から大人気商品となっています。

人気の商品

FR-01ガッツマン6 スーパーストロング五本指ソックス

自衛隊の100㎞行軍にも使える極厚の五本指ソックスでQTEC品質検査の耐磨耗度試験で驚異の12,000回以上を獲得した優れもの。丈夫で疲れにくい、人気の商品です。

FS-01ガッツマン2ストロング五本指ソックス

自衛隊の40km行軍にも使える五本指ソックス。FRはちょっと履きにくいかもというお方は、是非こちらを。しっかりしているけど履きやすく、疲れにくい。

PS-01 ストロング・パイルソックス ガッツマンスペシャル

足裏形状を科学した特殊パイルソックス。自衛隊の40km行軍に使えます。足底からかかとまでしっかりパイルで、大事な部位をしっかり保護し、深いL型ヒールがかかとをしっかり包み込みます。
有限会社 巽繊維工業所
〒634-0844
奈良県橿原市土橋町607番地
TEL.0744-22-5229
FAX.0744-25-2822
・靴下製造販売
 


大和三山に囲まれたのどかな場所でお仕事させていただいております。
TOPへ戻る