国産靴下
本文へ移動

スタッフブログ

靴下の正しい洗濯方法をご紹介!

2018-05-18
お世話になっております!
巽繊維工業所の巽(み)です◎
なかなかブログの更新ができておりませんでした。
大阪マラソン以降、ブログの更新自体は途絶えていたのですね。。。反省です(;^_^A
これからも、継続して商品情報、イベント情報、お役立ち情報をお伝えしていきたいと思いますので、
引き続きお付き合いの程、宜しくお願い致します。

 
さて!今回は、靴下のお洗濯方法で少しご説明させてください。
お客様のお問い合わせの中でも、靴下の洗濯方法は多いんです。
『一番のおすすめは中性洗剤で手洗い』なのはわかっているんですけれども、
靴下だけ手洗いなんて、自分で洗濯するのも、奥様に洗濯してもらうのも、
やっぱり大変…なかなか時間と余裕がないとできないですよね(´;ω;`)
「もう消耗品やからええか!」と洗濯機へポイ!…私もしてます。
弊社の靴下に限らず、少しコツを知って頂く事で、長持ちと履き心地を確保できます!
各メーカーさんの各商品に対して、推奨されているお洗濯方法はあると思いますが、
下記の3つは、少し知っといて頂けるとお使いいただけるかなと思い記載しました。
宜しければご確認くださいね。

◆パイルソックスのコツ◆
 


パイルソックスは柔らかく編まれているので、
摩擦によってピーリング(毛玉)が発生しやすい靴下です。
ですので、摩擦をさせないようにして頂きたいんです。
①裏返して②ネットに入れて、お洗濯をお願い致します。
https://choku.co.jp/files/libs/1033/201805181638446961.png
 
(余談ですがGUTS-MANのパイルソックスを裏返すとこんな感じ…
絨毯のようなパイルです笑)
他社さんのパイルソックスも比較的お値段が高いと思われます。
消耗品と言えど、大切に扱えるに越したことはないですよね。

◆五本指ソックスのコツ◆
https://choku.co.jp/files/libs/1034/201805181638474446.jpg


五本指ソックスは洗濯したら、指が中に入っているのを1本1本だすのがめんどくさい…
GUTS-MANは男性のお客さまが多いので、
「五本指靴下は奥さんに「洗濯めんどくさい笑」って言われながら履いてます(笑)」
なんてお声も実はめちゃくちゃ多いんです。
ですので、五本指ソックスあるあるなのですが、
①内側に指の部分が入っちゃっていたら、
靴下をパンって振って、遠心力で外に出しちゃってください。
ピコピコと外に出てきます。(絵②)※靴下によっては出てきませんが、まずはトライ!
更にお手間ではあるんですが、もししていただけるのであれば、
干す前に五本指靴下の中に手を入れて足指部分に手を入れて、指の部分に空洞を作った上で、干してあげてください(絵③)。
このひと手間で、五本指靴下が履きやすくなります。
 
◆靴下の干し方◆
https://choku.co.jp/files/libs/1035/201805181638486761.png


最後に靴下の干し方を紹介させてください。
こちらもイラストでご確認ください。
梅雨の時期や寒い夜はなかなか靴下は乾きにくいですよね(;^_^A
GUTS-MAN靴下も頑丈で少し分厚いため、皆さまにご苦労をおかけしてます。
靴下のゴムの部分は、塩素・湿気・直射日光の影響を受けて劣化を進めてしまう事から、正しい干し方として、履き口を上にして、日陰の吊り干しをお願いしております。
「そんなの意識した事がない!」と思って下さった方、
この干し方は靴下ソムリエの試験にも出題された正しい干し方ですので、
是非とも、お試しくださいませ。

以上、簡単に3点を挙げさせていただきました。
各商品に対しては、更に詳しく洗濯方法をお願いしてる場合が御座いますので、
各メーカーさんの商品のお取り扱いの指示に従って下さいね。
今後、更に色々オススメできるお取り扱い方法があったら、ご紹介させてください。
消耗品だけど、更に数回履けたら
出来る時に出来ることをお試しくださいませ(*^^*)
本日も、最後まで読んでいただき、有難うございました。
 

******************併せてご確認ください。******************

自衛隊員さん向け機能性ソックスブランド『ガッツマン』とは?

******************************************************

 
有限会社 巽繊維工業所
〒634-0844
奈良県橿原市土橋町607番地
TEL.0744-22-5229
FAX.0744-25-2822
・靴下製造販売
 


大和三山に囲まれたのどかな場所でお仕事させていただいております。
TOPへ戻る