国産靴下
本文へ移動

社長ブログ

日本は何処に向かっているのでしょうか?

2021-11-10
カテゴリ:クレーム
重要
気になる数字を2つ上げました。
多くの人が悩んでいます。
多くの人が課題を抱えて悩んでいます。
奈良県の小さな靴下工場、有限会社巽繊維工業所の代表の巽です。
「靴下の世界を変える。靴下で世界を変える。」を私たちのミッションと考えて本気で日々頑張っています。

また、私どものブログを今日も拝見いただき、本当にありがとうございます。心より感謝を申し上げます。

今日のブログは、Yahooニュースから2つの数字です。

1、少し古い統計になりますが、2019年度に介護保険料が払えず滞納し、預貯金や不動産などを差し押さえされた65歳以上の高齢者が全国で2万人を超えていたそうです。

介護保険料の基準額は、3年に一度見直されて、介護保険制度が開始された2000年の全国平均の徴収額が2,911円だったのが、2018年:5,869円。2021年:6,014円まで2倍以上にはね上がっているそうです。コロナ禍前のことでもあり、年金生活者にはより厳しく寒い世の中なってきていると想像します。



2、そして、もっと残念な数字が、2万人の10倍の20万人もいると言われる、2020年度の不登校だった小中学生の数だそうです。

コロナ禍で小中学生の学校生活も大きく様変わりしました。学校行事が無くなり、修学旅行や運動会、部活まで中止になっていると聞きます。

そして、不登校の理由が思春期の高校生の問題と考えられてきた人間関係や学校生活での生きづらさを感じる年齢が小学生まで低年齢化してきたそうです。

デジタル庁ができた事だし、DeNAの南場会長ら8名がデジタル臨時行政調査会に任命されたそうです。
ICT化が進んだら、登校しなくても勉強やコミュニケーションを取れる環境整備をお願いしたいです。匿名での誹謗中傷にも速やかな法改正を考慮して欲しいです。


岸田新内閣が本日組閣されますが、『国民の声を丁寧に聞く』そうですが、聞くだけでなく素早く行動や対策をおこして欲しいです。
有限会社 巽繊維工業所
〒634-0844
奈良県橿原市土橋町607番地
TEL.0744-22-5229
FAX.0744-25-2822
・靴下製造販売
 


大和三山に囲まれたのどかな場所でお仕事させていただいております。
TOPへ戻る